So-net無料ブログ作成

テレビ講座テキスト「NHK 将棋講座 2018年4月号」将棋フォーカス・NHK杯戦(月刊 16日発売) [書籍]

「NHK 将棋講座 2018年4月号」
NHK テキスト(テレビ講座)
出版社: NHK出版
判型:B5判雑誌
発売日:2018年03月16日
刊行頻度:月刊 16日発売
別冊付録つき
定価:545円(本体505円)

雑誌価格:545円
Kindle版(電子書籍):462円

将棋講座 | 商品一覧| NHK出版

NHK Eテレで日曜午前に放送する将棋番組「将棋フォーカス」「NHK杯テレビ将棋トーナメント(NHK杯戦)」のテキスト。一般の書店で発売しています。

テキストの主な内容は「将棋フォーカス」の将棋講座(4月から新講座)と、NHK杯戦の観戦記(前月の放送分)。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

将棋観戦ガイドブック『将棋ぴあ(ぴあMOOK) 』2018年3月16日発売 [書籍]

『将棋ぴあ(ぴあMOOK) 』~藤井聡太六段 新たな伝説のスタート~
出版社: ぴあ (2018/3/16)
ムック(B5サイズ): 87ページ(オールカラー)
発売日:2018年3月16日
梱包サイズ: 25.8 x 18.2 x 0.5 cm
定価:880円+税

最新の将棋観戦ガイドブック。
2月17日の藤井聡太六段誕生にあわせて急遽出版。
2017年9月に発刊した「将棋ワンダーランド」の内容を、最新情報に修正した改訂版です。
表紙及び内容で紹介している棋士の段位、タイトル、成績などは基本的に2018年2月23日現在の情報です。

基本的な将棋のルール、流行の戦法、将棋界の仕組み、代表的な棋戦、注目の棋士の紹介など、将棋観戦初心者向けにわかりやすく説明しています。
棋士たちの師弟関係、将棋連盟の部活動、将棋めしなど雑学的コラムも面白い。
エンタメ情報雑誌らしい図表を盛り込んだ読みやすい誌面。
[巻頭特集] 鈴木大介九段に聞く「藤井聡太六段の強さの秘訣」
[巻頭インタビュー] 豊島将之八段、斎藤慎太郎七段

この内容を千円以下で読めるのはお得です。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雑誌『日経おとなのOFF』2017年12月号/特集2 おとなの将棋観戦入門 [書籍]

『日経おとなのOFF』2017年12月号
分類:雑誌
出版社: 日経BP社
発売日: 2017/11/6(月刊誌)
A4判オールカラー・148ページ
定価:750円(税込)

中高年のビジネスマン向けの生活情報雑誌「日経おとなのOFF」2017年12月号(2017年11月6日発売)。

メインの特集は「片付け」。
第2特集は「おとなの将棋観戦入門」。
藤井聡太四段の報道で将棋に興味を持った人向けに、プロ棋士の世界を紹介する特集企画・11ページ。
プロ棋士の世界の基礎知識、2017年秋の将棋界の実力者を簡単に紹介。
佐藤天彦名人、菅井竜也王位のインタビュー(各1ページ)。

片づけ特集目当てで買いましたが、将棋特集も初心者にわかりやすいいい記事でした。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雑誌『将棋世界 2017年9月号』藤井聡太四段29連勝達成/加藤一二三九段現役引退 [書籍]

『将棋世界 2017年9月号』(2017年8月3日発売)
特集は藤井聡太四段の29連勝達成と、加藤一二三九段の現役引退。
それぞれの棋士のインタビューや、他の棋士による解説、ファンからのメッセージなど。

藤井四段の連勝記録については、報道陣の過熱ぶりに将棋界の人たちも驚いている様子が可笑しい。
将棋がわからなくても、エピソードを拾い読みしてるだけでも面白い。

 別冊付録(文庫サイズ小冊子80ページ)
「次の一手 藤井聡太29連勝の軌跡」 杉本昌隆七段
 >藤井四段の29連勝を主な題材に、急所の局面を次の一手形式で出題。
 >選題と解説は師匠の杉本七段で、「初めて聡太少年の将棋を見て衝撃を受けた」ときの図や、奨励会時代の研究会での将棋、AbemaTV「炎の七番勝負」で羽生善治三冠を破った一局など、37局から39問を出題

 師匠の暖かい解説がほっこりします。



《雑誌情報》

『将棋世界 2017年9月号』
出版社: マイナビ出版
雑誌(月刊誌)A5判
発売日: 2017年8月3日
梱包サイズ: 20.6 x 14.8 x 1.8 cm
雑誌定価:800円
電子書籍版:700円

将棋界の情報や話題を満載した将棋総合誌

『将棋世界』は日本将棋連盟発行の機関誌です。
現在は月刊誌(3日発売)で、一般の書店でも購入できます。
電子書籍版もあります。
内容はプロ棋戦やアマ棋戦の解説、インタビュー、読み物など。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雑誌『将棋世界 2017年8月号』大崎善生が書く藤井聡太四段ドキュメント連載開始 [書籍]

『将棋世界』は日本将棋連盟発行の機関誌です。
現在は月刊誌(3日発売)で、一般の書店でも購入できます。
電子書籍版もあります。
内容はプロ棋戦やアマ棋戦の解説、インタビュー、読み物など。

『将棋世界 2017年8月号』の新連載で、藤井聡太四段のドキュメンタリーが始まりました。
書き手は大崎善生さん。元・将棋世界編集長。その体験を生かし、若くして亡くなったプロ棋士・村山聖の生涯を描いた『聖の青春』、プロ棋士に慣れなかった奨励会員を追った『将棋の子』で作家の道に進みました。

『将棋世界 2017年8月号』は発売後まもなく、出版社に在庫なしになりました。
地方の書店では山積みになっているので、次の号が出れば出版社に返品されて来ると思います。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー